2017年6月3日土曜日

SHARPの1bitアンプで遊ぶ(2)

前の記事に続いて、1bitアンプです。
最終的にはジャンクミニコンポからアンプのモジュールだけ取り出し、別のケースに入れて動かしたいと思っています。その準備として今回はモジュールの定格などを調べます。

まずこのモジュールについていくつか簡単な測定をしてみた結果、以下のようなことが分かりました。
・ゲインは18dBくらい
・入力インピーダンスは2.8kΩくらい
・出力はBTL
・34V(非安定)、9V(安定)、5V(安定)の3種類の電源を使っている

電源が3種類必要ですが、いずれも正電源なので自作してもそんなに手間ではないでしょう。
基板のパターンを追ってみると、5Vは⊿Σ変調ICに、34Vは終段のICに使われているようでした。9Vはよく分かりません。
あとは…入力インピーダンスが少々低めなのが気になりますね。もともとミニコンポの中のプリアンプに接続して使うモジュールなのでそういう設定になっているのでしょうが。

測定が一通り済んだところでモジュールをミニコンポから外しました。


入力インピーダンスを上げられるかどうかと、出力のLPFの構成を知りたかったので基板のパターンを追ってみました。
入力部の回路
上の図はモジュールの信号入力端子から⊿Σ変調ICまでの回路ですが…入力インピーダンスが低めになっている原因は上の図のR1ですね。ここを大きくすればインピーダンスは上がりますが、ゲインも一緒に上がってしまうので注意が必要です(ゲインを上げたくなければR2も大きくする)。もう面倒なのでこのままでいいです…
あと、RV1(半固定抵抗)は出力のDCオフセット調整用です。


出力LPF
高周波のノイズをばら撒かないよう、出力にはLPFが付いています。L1とL2はフェライトビーズ、L3, L4, T1はトロイダルコイルです。インダクタンスは実測値です。
ここまで書いて気づきましたが、上の2つの回路図の部品番号は実際の基板に印刷されている番号とは違います。せっかくなので合わせておけばよかったですね。

実物はこんな感じです。

こちらはアップ画像。

ついでに電源電圧についてもちょっとテストしてみましょう。
このモジュールに必要な3種類の電源のうち34Vのものは電圧に融通がかなりきくだろうと思ったので、どこまで電圧を下げられるか試してみます。

まず下の動画は元とほぼ同じ電圧でモジュールを動かしたときのものです。小音量ですが、かなり電流が流れていることが分かります。デジタルアンプらしからぬ大食いですね。発熱もかなりあります。
ちなみに電源ON時のポップノイズがけっこうひどいです。OFF時は全く無し。



ここからどんどん電圧を下げていくと…


12Vでもちゃんと動作しました。発熱も減っていい感じですよ?
この時9Vを作るのに使っていた三端子レギュレータの動作の都合上、これ以下の電圧では実験しませんでした。
しかしここまで電圧を下げても動くということは、ノートPCなどの適当なACアダプタも幅広く使えるということですから便利ですね(最大出力は当然小さくなりますが)。

さて、1bitアンプモジュールのおおまかな扱い方が分かったところで今回は終わりです。
このモジュールは今後気が向けば適当なケースに入れて使ってみるかもしれませんし、気が向かなければ押し入れの中に放置されることになるでしょう。

2017年6月1日木曜日

SHARPの1bitアンプで遊ぶ(1)

お久しぶりです。

最近、4MHzの発振回路がどうしても発振しないなあと悩んでいたのですが、最終的に4MHzが自分のDMMの測定可能周波数を大きく超えていることに気づきました。DMMのスペックを1ケタ勘違いしていたようです。

で、その発振回路を何に使うかは置いといて、今日は別の話です。

SHARPの1bitデジタルアンプを搭載したミニコンポ(CD再生不可のジャンク)を入手しました。SD-CX9という機種です。

画像の上段がSD-CX9


この1bitデジタルアンプというのはなかなかおもしろいのです。一般的なD級アンプはPWM(パルス幅変調)なのですが、この1bitアンプはその名の通り1bitのPDM(パルス密度変調)を使っています。DSDという音楽ファイルの形式がありますが、あれと同じですね。具体的にはアナログの入力信号の微分値の大きさ(傾き)をパルスの頻度で表すということです。たぶん。
SHARPは1998年に1bitアンプを発表し翌年には発売しましたが、2006年の製品を最後にこの1bitアンプをやめてしまったようです(というか、オーディオ事業自体ほぼやめてしまった)。

ボリューム操作部の"⊿Σ 1BIT TECHNOLOGY"の文字がそそりますね^ ^

さてこの個体、経年劣化のためかCDが読み込めないという故障はありますがアンプとしての機能は正常のようです。早速AUX端子を使って試聴してみました。…が、異常に低域が盛り上がっています。明らかにイコライザがかかっている感じです。いろいろ調べたところ、どうもこの機種で低音ブーストを解除するにはリモコンの操作が必要らしいのですが、残念ながら私が入手した時点でリモコンは失われていました。
このままでは使い物にならないので、とりあえずフタを開けてみましょう。


メイン基板は両面基板でなかなか立派な感じです。この基板の下にCDプレーヤー、MDプレーヤー、ラジオチューナーの各モジュールと電源トランスが隠れています。そして画像右下のシールドされている部分が1bitアンプのモジュールです。
イコライザーはこの1bitモジュールより前の段でかかっているでしょうから、1bitモジュールに直接信号を入れればフラットな特性の出力が得られるだろうと考えました。

そこで1bitモジュールの入力を探って信号を入れてみると…思った通りイコライザの影響は無くなりました。ここでようやく音質評価ができる段階になったわけですが、どうも思ったより良くありません。ユルい、ぬるい音という感じで、封を開けたまま1週間放置したキャラメルコーンを食べた時のような何とも言えない気持ちになります。

ここで1bitアンプに対する興味が失われかけたのですが、まあ参考用にでもと思いもう少し探ってみることにしました。
次回はこのモジュールの特性や回路をすこし調べてみます。

2017年4月1日土曜日

スピーカースタンドの自作

今まで適当な台の上にスピーカーを置いていたのですが、不便なのでスピーカースタンドを自作しました。

ネットで調べたり、オーディオ店に高級スピーカースタンドを見に行ったり、余った木材を使って数種類のスタンドを仮組みしたりした結果、最もオーソドックスな1本足の木製スタンドを作ることにしました。

早速ホームセンターへ買い出しに出かけます。

スーパービバホーム豊洲店。東京23区内では最大級のホームセンターではないでしょうか。
ここで21mm厚のシナランバーコア(1820mm×910mm)を1枚購入。5000円くらいでした。ラワンやMDFの板のほうがかなり安いのですが、ここは見た目・加工性・音質(の評判)を重視した選択です。
この店でカットもしてもらったのですが、担当の方に渡す図面をその場で手書きすると間違えそうだったので、あらかじめCADで描いておいた図面を印刷したものを渡しました。時短にもなりますし、店員の方にとっても手描きの図より見やすいのではないかと思います。
切ってもらった木材は思ったより重く、電車で持って帰るのはなかなかの苦行でした。

さて、製作途中の画像を完全に撮り忘れていたので突然完成します。


高さは約70cmです。
支柱は4枚の板を接着剤で貼り合わせて作った中空のもので、中には水槽用の小石を詰めてみました(下画像)。本格的なスタンドでは鉛の粒やジルコンサンドを使うようですが、今回はケチってしまいました。

上下の板と支柱は鬼目ナットを使って接合しました。これは取り外し可能なので、スピーカーを買い替えても常に最適な大きさの天板を用意できます。

肝心の音質も、適当な台を使っていたころと比べると低音と高音の伸びや定位の改善を実感することができ満足です。現在は直置きではなく、スタンドとスピーカーの間にインシュレーター(オーディオテクニカ AT6098)を挟んでいます。

このスタンド用の木材だけ切り出したのでは元の合板がかなり余ってしまってもったいないということで、余分はオーディオラックの側板にしました(天板と底板は別の時に買ったラワンランバーコア材)。こちらも頑丈で良い感じです。

2017年3月4日土曜日

エディオン広島本店の電子部品セール

こんにちは。ただいま広島に帰省中のEFCです。

広島市内中心部にあるエディオン広島本店が3月3日から「本館建て替え完全閉店セール」をするということで、中高の同級生だったJO4ESQ局と一緒にセール初日に行ってきました。


この店は最近の家電量販店としてはめずらしく電子部品コーナーを有しているのですが、残念ながら本館建て替えに合わせて電子部品の取り扱いはやめてしまうそうで、なんとバラ売りの電子部品は全て10円、包装され値札が付いているものは全て半額という超安売りをしています。

セール初日は平日ということもあって激安電子部品を買う人も多くはなく、わりあいじっくり品定めすることができました。
指月のフィルムコンも密閉式ボリュームも、照光スイッチも入手困難の2SK30Aも、何もかも10円…安売りを喜ぶべきか閉店を悲しむべきか、複雑な気持ちを抱えつつ手だけは素早く棚に伸びます。
何十分売り場に滞在したでしょうか、このままここにいたらいつの間にか全部の部品を買ってしまいそうなことに気づきました。既に部品はトレイ山盛りになり、ESQを待たせていることにも気づいたのでレジに向かいました。

ところで、このセールでは会計方法も普通ではありませんでした。自分で部品の数をかぞえ、用意されている紙に「10円×72個=720円」のように書いてレジに持っていきます。すると店員さんは全く個数のチェックをせずにザーッと部品を袋に流し込み、お客が書いた価格をそのままレジに打ち込む超ワイルド会計。
10円部品を72個とタカチのアルミケースYM-250(半額)1個で1600円くらいの買い物でした。

これでおしまいにするつもりだったのですが、家に帰ってから部品を整理していると、やはりもっと買っておくべきだったと後悔しはじめました(←強欲)。

というわけでセール2日目の今日も開店時間とほぼ同時に電子部品売り場に突撃。
さすがに今日はライバルが多く、電話でトランジスタの型番を確認しながら片っ端から棚の引き出しをひっくり返して中身を自分のカゴに投入するおじさんなど、明らかにアマチュアではなさそうな人もちらほら…
何回か会ったことのある高校生のJO4DSH局も来ていて、しばらくすぐそばにいたのにお互いに気づかなかったという残念な事件もありましたorz (制服姿の高校生がいることは認識していたんですが、顔まで見てなかったので…)

結局、前日より多い10円部品&タカチのアルミケースYM-180(半額)&アルミットのハンダ100g(半額)で約2200円の買い物をしました。
会計を終えて帰る頃には、上記のプロ達の活躍によってリレー・ブロックコンデンサ・大型のトランジスタ・大電力用の抵抗・多回転のポテンショメーターなどがほぼ売り切れになっていました。やはりセール初日に行っておいて正解でした。

2日間で購入したものを並べたのがこちら。
こんなに買って、全部使うかどうか(汗


さて、真偽のほどは不明ですが、エディオンに電子パーツコーナーが残り続けたのは創業者の遺訓によるものだという話を聞いたことがあります。しかしこの店の電子パーツコーナーはいつも閑散としていて、最近ずっと赤字だっただろうと思います。取扱終了も仕方ないですね。
長い間お疲れ様でした&ありがとうございました。


追記
3月6日と9日にも行きました。買ったもの(3日間の合計)は10円パーツ259個と半額パーツ3個になりました。
9日にはこのブログを見て電子部品セールを知ったという方が来られていて、少しお話をしました。意外にこのブログは知られているんだなあと不思議な気分になりました。閲覧していただきありがとうございますm(_ _)m

2017年1月2日月曜日

QSOパーティ移動運用

今日1月2日の朝9時からは毎年恒例のQSOパーティ!ということで、ちょっとした移動運用に行ってきました。


装備はこれだけ、シンプルです。

移動先は広島県広島市西区、鈴が峰公園。自動車で行けて、広島市内が見渡せるまあまあのロケーションです。標高は115mほどのようです。
本当は他の有名な移動地にも行ってみたかったのですが、他局とのバッティング回避のためこんな微妙な場所を選んでみました。


先日の記事に書いた基台を三脚にセットし、公園のベンチに座って開始時間を待ちます。



9時のスタートから145.04MHzでCQを出し始め、途切れることなく呼ばれて開始後30分で16局と交信。
電池の消耗を抑えるために2Wで送信していたのですが想像以上に呼ばれ、改めてRH770の威力を実感しました。
その後はぼちぼち呼びまわりをして、9時58分に20局交信達成しました。
20局到達後は430MHzに移り、電池が切れそうだったので0.5Wに減力し2局交信して帰りました。

広島在住時代にお世話になった方々と新年の挨拶を交わすことができ、とても満足です。
これからログとサマリーを書こうと思います。

2017年1月1日日曜日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年は電子工作を多くやっていてアマチュア無線やBCLからは離れ気味でしたが、今年は少しそのバランスを変えて、個人局での運用やBCLを積極的に行いたいと思います。


さて、大晦日にベトナムの国営放送局、ベトナムの声放送の日本語課から年賀状が届きました。



絵のような写真です。


2つ折りになっていました。

こちらからは2013年に受信報告書を送って以来だと思うのですが、年賀状を毎年頂いています。
最近短波放送も聞いていませんが、またアンテナをたててBCLをやりたいです。