使用機材

私が使っているいろいろな機材をご紹介します。

・無線機

・受信機

・SDRソフト

・アンテナ

・オーディオ

・測定器


・無線機


 YAESU FT-60


開局するときに購入したデュアルバンドハンディ機。電源と外部アンテナを繋いで自宅で使ったり、山に持って行ったりと活躍し続けています。乾電池で5W送信ができるのが長所。スピーカーマイクが外れやすいのが短所です。


 Wilderness Radio SST-20


14MHz CW専用のキット。製作は簡単、保証認定も一発クリア、性能もそこそこなので満足しています。出力は2~3W。大学の社団局のアンテナ・エレキー・パドルを借りて時々運用します。
詳細はコチラ(当ブログの記事)。



・受信機


 SONY ICF-SW7600GR


 2009年から使っているソニーの短波ラジオ。感度・選択度などのバランスが取れた良いラジオだと思います。ボリュームにガリが出たり、ボタンを押してもたまに反応しなかったりと最近少しガタがきていますが、末永く使います。


 ELPA ER-21T



登山に持っていくために買った激安短波ラジオ(当時2480円)。受信性能はあまり良いとは言えませんが、一応周波数が画面で読める(※PLLではない)こと、電池が長持ちすることが長所。聞きやすい音質にするための改造済。


 RTL-SDR



秋葉原で600円以下で買える激安SDR(本来はワンセグチューナー)。SDR#やHDSDR(ソフトウェア)と共に使っています。なかなか遊べる逸品で、この価格は安いと思います。

RTL-SDR(2台目)

上の機種とは別のチューナーチップを搭載したタイプ。多少の改造済。詳しくは以下の記事で。

RTL-SDR クリスタル交換

RTL-SDRにヒートシンクを付ける など


 SDRplay


上記のRTL-SDRでは短波や中波が聞けないのでこれを購入。100kHzから2GHzまでをカバーするSDRフロントエンドです。



・SDRソフト

SDRの性能はソフトウェアにも左右されるということで、SDR用に使っているソフトウェアも「使用機材」に含めることにしました。

 SDR# (SDRsharp)

UIが分かりやすく、初めてでも操作に迷うことが少ない良いソフトだと思います。FMステレオに対応しているのも良いですね。新しいバージョンが頻繁に出てきて、どんどん機能が進化します


 HDSDR

恐らくSDR#と並んで利用者が多いソフト。操作性はSDR#より劣っています(慣れたらそんなに難しくはありませんが…)。SDR#と違い、LO周波数を自分で自由に変えられます。バージョンアップは2013年以降行われていないようです。既にそれだけ完成度が高いということでもありますが、SDR#が頻繁にアップデートをしているため、徐々に性能面でもSDR#が優位になってくるかもしれません。


 GQRX

上の2種はWindows用のソフトですが、こちらはMacとLinux用のソフトです。私はLubuntuで動かしています。まだあまり使い込んでいませんが、操作性はSDR#に近い感じです。


 Chrome Radio Receiver

上の3種と違ってスペクトルアナライザやウォーターフォールの表示機能が無く、非常にシンプルなソフトです。シンプルだけあって使いやすく、CPU使用率も低いので気軽に楽しめます。FMステレオに対応しています。ウェブブラウザChromeのアプリとして提供されています。今のところ、RTL-SDRにしか対応していないようです。


SDRuno

SDRplay RSP1と組み合わせて使おうと導入しました。まだあまり使いこなせていません。


 SDRtouch

Android用のソフトです。有料のキーを購入しないと機能制限を解除できません。


・アンテナ

  DIAMOND SG7500

広島の実家のベランダに取り付けた長さ1mほどのモービルホイップ(144/430MHz用)。中学・高校時代は常設していましたが、現在は帰省した時だけ上げています。


  SONY AN-12

広島の実家のベランダに取り付けた中波・短波受信用アンテナ。ノイズが多く、HFローバンドと中波ではあまり使えません。中学・高校時代は常設していましたが、現在は帰省した時だけ上げています。

  ΔLOOP10

言わずと知れた有名受信用アンテナ。東京のベランダに設置しています。

  ApexRadio 303WA-2

ツイッターのフォロワーのOMさんから頂いたもの。


  適当なワイヤーアンテナ

東京でベランダに張っているただの導線。短波受信にはそこそこ効果的です。

・オーディオ

オーディオ機器の接続図を作ってみました。太字・太線になっているのはメインで使っている機器です。
今はこの構成で落ち着いていて、新たな機器を導入する予定は当面ありません。

・測定器

オシロスコープ RIGOL DS1054Z

4ch 50MHz 1GSa/s と見せかけて、ゴニョゴニョすると100MHz化できるオシロです。カラー液晶が見やすくて気に入っています。 

LCRメータ DER EE DE-5000

秋月で売られている定番品です。

ハンディDMM Kaise SK-6555

薄くて軽いデジタルテスタ。

据え置きDMM HIOKI 3238

今は設置場所がないので、あまり使う機会がありません。

ファンクションジェネレータ YOKOGAWA FG110

2MHzまでの正弦波と矩形波、100kHzまでの三角波とランプ波が出せます。

0 件のコメント:

コメントを投稿